40代からはじめるアンチエイジング
*
40代からはじめるアンチエイジング > 初心者の方へ > 自宅で出来るアンチエイジング

自宅で出来るアンチエイジング

自宅で出来るアンチエイジングがあれば、加齢臭ともおさらばできます。

多くの人は化粧品や健康食品を取り入れていると思いますが、アンチエイジングを効果的にする方法が人により変わってきます。

つまり、アンチエイジングの効果を最大限にあげたかったら、最初にすべきことは、あなたの老化状況を把握することが大切です。

体内年齢は、「皮膚年齢」「骨年齢」「筋肉年齢」「心臓・血管年齢」「脳・神経年齢」の5項目で判定します。

この5項目のバランスを見ることで、あなた自身にあったアンチエイジングプランを作ることができるのです。

身体の最も外側を覆っている皮膚は、体内全体の衰えが最初に現れる場所でもあります。

つまり体全体の老化バロメーターになります。

その皮膚の老化の原因は、ほとんどが紫外線による光老化と言われています。

皮膚老化予防のためには、紫外線対策が必要です。

外出する時は帽子やサングラスをかけることやUVカットの化粧水などを利用して防止します。

骨は老化するとスカスカになり、もろくなりこれを骨粗しょう症と呼ばれています。

それに伴い骨をつなぐ関節にも支障が出てきます。

通常、骨の老化が現れるのは70歳を過ぎてからですが、最近では若い人も骨粗しょう症になりやすいと言われています。

骨年齢を若返らせるためには、牛乳やチーズ、小魚などでカルシウムを多く摂るだけでなく、適度な運動をして筋肉や骨に刺激を与えることが大切です。

筋肉は、若い人でも使わないでいると衰えてしまいます。

筋肉が衰えると関節に負担がかかり、関節痛を引き起こしたり、代謝が悪くなり脂肪が蓄積されやすくなります。

特に40歳を過ぎると、筋肉が減り、脂肪が増えやすくなるので適度の運動は必要です。

そして、30代からでは血管と心臓に老化が見られるようになります。

特に心臓を動かす筋肉「心筋」は、生まれてから死ぬまで増殖をしないので、老化させないことが大切です。