40代からはじめるアンチエイジング
*

アンチエイジングの種類

加齢を押さえこむ手段は、どのような方法があるのか?

主なアンチエイジングには、以下の方法があります。

肌そのものを若返らす、スキンケア。

紫外線から、老化を防ぐ方法。

生活習慣から見直す方法。

外的な治療を行う、美容医療。

特に、美容医療に関して詳しく記載して行きます。

アンチエイジングの美容医療はさまざまな種類があります。

「イオン導入」

ビタミンC導入体などの成分をお肌に浸透させることで毛穴の引き締め、美白、しわ対策に効果的です。

今は、家庭用イオン導入機もあり自宅で簡単にでき、透明感のある若々しいお肌になります。

「ピーリング」

ピーリングは古い角質を取り除き、ターンオーバーを高めてくれます。

定期的に行うことで毛穴やニキビ対策、くすみのないお肌になり、老化防止に効果的です。

またピーリングの後は、お肌が薄くなるので紫外線対策は大切です。

「レーザー治療」

しみやホクロを除去するための治療です。

初期のうすいしみなら美白化粧品で取れることもありますが、基本的にはレーザー治療を受けないと消えません。

できてしまったしみをきれいに消したいという場合は、この治療を受けることになります。

「フェイスリフト」

たるみを取るならフェイスリフトが効果的です。

人は加齢により、筋肉がゆるみ、皮下脂肪が下がってしまうことで皮膚のたるみを引き起こします。

そして、目の下のたるみやクマ、口元のほうれい線や、頬のたるみなどが発生してしまいます。

「RF(高周波)による治療」

最近注目されメスを使わないフェイスリフトといわれている「サーマクール」と呼ばれているものです。

RF(高周波)でお肌の深部に刺激を与え、たるみやしわを取る方法です。

サーマクールで使用するRF(高周波)はお肌の表面をいためることなく、レーザー治療などより強いエネルギーで、お肌の深くまで熱エネルギーを与えることができる特徴を持っています。

「成分注入法」

ヒアルロン酸やボトックスなどの成分を注射してしわを取る治療になります。

これは、注射するだけで手軽にしわ取りができ、ハリのあるお肌を取り戻せます。