40代からはじめるアンチエイジング

アンチエイジングとは

アンチエイジングとは、予防医学の事で老化を防ぐために行う行為の総称になります。

つまり、アンチエイジングとは、老化を防ぎ、若返りを促す「抗加齢」のことを言います。

老化の原因は、、ホルモンレベルの低下、免疫力の低下、活性酸素などによる酸化ストレスなどが考えられています。

生きている時間が長くなればなるほど、老化は知らず知らずに起こっています。

アンチエイジング医療では、免疫やホルモンが低下しているとき積極的に補う治療を行ったりします。

つまり、年をとることによって起こりうる負の現象(=病的状態や病気につながる状態等)がすなわち老化になります。

例えば、しわ、しみ、動脈硬化や様々な病気は、加齢から起こっているのです。

年齢を重ねることで「加齢」は防げないが老化を遅らせたりあるいは逆行させる事は可能であり、これを行う医学の総称がアンチ・エージング医学=抗老化医学です。

実際、米国ではアンチエイジングのため、成長ホルモンなど加齢により減少してしまった様々なホルモンの投与が行われています。

また、酸化ストレスへの対策としては、抗酸化作用を持つ成分が入っている食品、健康食品や化粧品が、アンチエイジング目的に使われています。

しかし、アンチエイジングという言葉は、一般的にはシミやシワを消すという皮膚の若返りなどに関して使われることが多いようですが、本来は、高血圧や糖尿病、高脂血症など、加齢に伴って増える生活習慣病の予防なども含んでいます。

高齢化とともに、アンチエイジングへの関心は急速に膨れ上がり、翻訳書を含めて、アンチエイジングを扱った書物はうなぎ上りに増えている。

加齢を加速する要因として、ストレスやタバコの害などが挙げられています。

タバコに関しては、活性酸素を増加させることでビタミンCを破壊し、しみ、くすみなどの原因となるメラニンを増加させてしまいます。

また、ビタミンCの減少により、肌の保水力を担うコラーゲンも減少します。




同ジャンル・関連ページ