40代からはじめるアンチエイジング

食事が大切

老化の原因は、代謝により発生する活性酸素により細胞がダメージを受け、老化に繋がることが考えられています。

活性酸素の発生量の多い生物ほど、寿命が短くなる傾向にあるようです。

つまり、細胞が酸化することで老化のスピードが速くなる考え方です。

生物が生きるうえで酸素は大切ですが、それが体内に入ると活性酸素が発生します。

そして、その防御システムとして働いているのが抗酸化物質なのです。

抗酸化物質は、食べ物から摂取するビタミン類(とくにビタミンEとC)、また、野菜や果物に含まれるポリフェノールも、抗酸化物質として大事な働きをします。

そう、この抗酸化物質の摂取が、アンチエイジングの重要な柱になるのです。

このような、アンチエイジングの代表的な食材に、りんご、トマト、大豆などが挙げられます。

りんごには、ビタミンA(β-カロテン)、B群、C、E、葉酸のビタミン類のほか、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラル類も多く含まれています。

また、皮のすぐ下に凝縮されているリンゴポリフェノールは、抗酸化能力が高いカテキンが幾重にもつながってできていることが分かっています。

またトマトは、赤い色素・リコピンが健康成分として注目されています。

リコピンは、強力な抗酸化作用をもっています。

大豆は、植物で唯一肉に匹敵するたんぱく質を含み、畑の牛肉ともいわれています。

鉄分やカルシウムなどのミネラル分も豊富ですが、イソフラボンと呼ばれる成分に注目が集まっています。

イソフラボンはポリフェノールの仲間で、コレステロール低下、体脂肪減少、血圧降下、肉疲労の改善など、多くの効果が報告されています。

加工食品も多いので、取り入れやすい理想的なアンチエイジング食材といえるでしょう。




同ジャンル・関連ページ