40代からはじめるアンチエイジング

見た目改善

老化を防ぐことで見た目から、若返ることができます。

見た目を改善できる、アンチエイジ化粧品が今では話題になっています。

基本的には、年齢を重ねた肌の活力を取り戻し、老化の進行を防ぐ化粧品です。

老化予防し、目立たなくする作用がある化粧品のことをアンチエイジ化粧品と呼ばれています。

アンチエイジの化粧品に含まれる成分の作用は2つに分けられます。

その1、肌の老化の大きな原因となる活性酸素を除去する抗酸化物質。

活性酸素とは紫外線を浴びたり、ストレスを感じると体内で発生する酸素の一種で、細胞を傷つけシミやシワをつくってしまうことが分かっている。

つまり、老化の原因となる活性酸素を取り除くのが、抗酸化物質と呼ばれているものです。

その2、すでに衰えてしまった肌の弾力性を回復したり、黒ずみやくすみなどを改善させる物質で、アルファハイドロキシ酸(AHA)や肌の内部の水分を保つ作用のあるヒアルロン酸などがあります。

抗酸化物質は、フリーラジカルと呼ばれる活性酸素を除去し、老化の進行を防ぎます。

「主な成分」

・ビタミンA(レチノール、トレチレノイン)

・レチノールはビタミンAの一種。

・トレチレノインはビタミンA誘導体。

・ビタミンC (アスコルビン酸)

・ビタミンE (トコフェロール)

・フラボノイドなど

・アルファハイドロキシ酸(AHA)。

角質を融解し、肌表面の老化物質を取り除く作用があります。

・ヒアルロン酸。

肌内部の水分を保つ保水成分。肌にみずみずしさと弾力を与えてくれます。

そして、活性酸素を発生させる紫外線を防止するのもアンチエイジには有効です。

紫外線を防止するUVカットが含まれている化粧品を使う事で紫外線から肌を守ることができます。




同ジャンル・関連ページ