40代からはじめるアンチエイジング

オジサン臭い原因

オジサン臭いのは、年齢が上がれば仕方がないことなのです。

しかし、オジサン臭いと言われて心地いいと思う人はいないと思います。

ところで、オヤジ臭の元になっているのはそもそも何なのか?

正式な名称は、「加齢臭」と言い40歳代から臭うと言われています。

加齢臭は、中高年特有の体臭の俗称です。

中高年特有の体臭の原因が 不飽和アルデヒドの「ノネナール」であることが突き止められました。

この「ノネナール」は、中高年になると増える「不飽和脂肪酸」が酸化分解されて生成される物質になります。

特に、コレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって酸化されたもので、主に運動不足で脂質を好む中高年が、加齢臭を発散する傾向にあります。

つまり、体内の脂肪が、腐って出た臭いと言うことになります。

しかも、このオヤジ臭の厄介な点は、表面から臭うのではなく、体内や毛穴から臭いを出しているという点なのです。

幾ら石鹸で綺麗に身体を洗っても、香水を降りかけても、そのもの自体の原因が体内にある限り、臭いは消えません。

そして、人の皮膚には皮脂を分泌する穴と汗を分泌する穴の2種類があります。

また、汗を出す穴にはさらに2種類の穴があり、一つは体温を調節する為の穴エクリン腺とごく限られた場所にしかないアポクリン腺という穴があります。

皮脂腺は、皮膚の内層にあり、脂質を蓄積し毛孔を通じて皮脂として体表に分泌する腺になります。

手のひらと足のうら以外の全身に存在します。

40歳ぐらいから酸化に対する抑制力が低下しはじめ、ノネナールが多く発生してしまいます。

このノネナール皮脂腺から分泌される為、加齢臭はほぼ全身から臭うからオヤジが傍に来るだけで、臭いのです。

喫煙・飲酒・ストレスや不規則な生活・脂っこい食事を好む人ほど、加齢臭も強くなる傾向にあります。




同ジャンル・関連ページ