40代からはじめるアンチエイジング

過激な運動はNG

老化の原因に活性酸素があげられますが、過剰な運動をする事で活性酸素を大量に発生してしまいます。

アスリートが、老けて見えると思ったことはありませんか?

これは、何年にもわたり、過激な運動をしてきたせいでもあるのです。

しかし、アスリートは、その能力を最大限にあげることが必要なので、仕方がないのですが。

そして、何時までも若々しくいるためには、ある程度の運動は必要になります。

いままで、運動をしていなかった人が、ある日突然、アスレチックジムに通い始め、何キロも走ったりするのは、アンチエイジングに取っても身体にとっても良い事がありません。

最初は、歩くことから始めましょう。

背筋をしっかり伸ばした状態でリズミカルに歩くようにします。

大またで歩く事でお尻の筋肉が刺激されヒップアップされ、足の筋力も次第についていきます。

これだけでも、体調に変化が現れます。

有酸素運動は血中、内臓脂肪を燃焼するには効果的ですが、無酸素運動、つまり筋トレはどのような効果があるのかと言う心配が出てくると思います。

無酸素運動も有酸素運動で脂肪を燃焼させるためには欠かせない運動です。

しかし、息が上がってしまっては有酸素運動の効果は下がるばかりで、それを改善するためには強い筋肉があることも大切です。

そして筋肉が多ければエネルギー消費量が高いために基礎代謝で消費するエネルギーが増えます。

有酸素運動を続けているうちは脂肪が落とせるのですが、有酸素運動をやめてしまった時に筋肉が発達していないと脂肪を分解しずらい体になり、リバウンド状態を引き起こしやすくなっている状態になってしまう可能性も高いです。

一般的には、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い間継続して行う運動」はすべて有酸素運動といえます。

例えば長距離走は有酸素運動であるが、短距離走は無酸素運動です。




同ジャンル・関連ページ