40代からはじめるアンチエイジング

アンチエイジングの食事法

老化の原因は活性酸素が大きく関わっているのなら、それを排除すれば老化を止めることもできる、と言うのがアンチエイジングになります。

細胞レベルで、老化を考える時、細胞の中に含まれる成分を補う事が大切になります。

つまり、口から入るものを考えることに繋がります。

老化をしない食事とは、裏返すと健康に良い食事と言うことになります。

健康とは、WHO(世界保健機関)では、1946年に「健康とは単に病気でない、虚弱でないというのみならず、身体的、精神的そして社会的に完全に良好な状態を指す」と定義しました。

「身体的だけでなく、精神的、社会的に完全に良好な状態」とは、「食事」「睡眠」「休養」「ストレス」などをバランス良く組み合わせることではないでしょうか。

どれか一つでも崩れてしまえば、健康から外れてしまいます。

いくら完璧に栄養バランスのとれた食事をしていても、タバコを沢山吸ってしまえば、ガンになる可能性もありますし、また睡眠不足から抵抗力が落ちて病気が長引くこともあります。

現代人は忙しいのでつい手っ取り早い対処療法を求めがちですが、肥満や生活習慣病など、健康に問題を感じたら、食生活も含めて生活習慣全体などを見直し、改善することが大切です。

すなわち、食育と言う考えかたになると思います。

そして、身体に大切なのは、様々な栄養になります。

栄養とは、健康を増進させ、栄えさせるという意味から、健康になる為に食事をすることも含まれます。

単に、物理的に栄養補給をするだけでなく、おいしいものを食べた満足感や、家族で食卓を囲める充足感等も得られ、精神的な「健康」を支える意味もあり、食事は、「健康」に大きく影響します。

食事を抜くような無理なダイエットを続けていると、栄養不足や貧血、冷えなどの体調不良になったり、若くても骨粗鬆症になるなど、様々な健康障害を引き起こします。




同ジャンル・関連ページ