40代からはじめるアンチエイジング

ピチピチお肌に大切なこと

老化に伴う様々な症状から少しでも進行を遅くする為が、ピチピチお肌になる秘訣です。

そして、アンチエイジングを目指すには、若いうちから生活習慣の中に下記の事を取り入れて実践することが大切です。

「食生活改善」

1:栄養バランスがとれた食事を時間を決めてきちんとする。

2:脂質と塩分の取りすぎに注意する。

3:甘いものを取り過ぎない。

4:肉類を少なくし、魚を多くする。

5:野菜と果物を多く摂取する。

6:食物繊維を多く取る。

7:ビタミン・ミネラル類を十分に取る。

8:抗酸化成分を体にたくさん取り入れるようにする。

抗酸化力の強いものは、ビタミンC、E、βカロテン、緑黄色野菜などに多くふくまれるポリフェノール類などファイトケミカルなどを指します。

「適度な運動」

有酸素運動を中心に筋肉運動(ストレッチ、体操など)をバランスよく合わせる。

これらの運動は高血圧や肥満を防ぐとともに、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、免疫機能を強化、骨粗鬆症の予防、ストレス解消にもなる。

ただし、無理な運動はしない。

「禁煙」

煙草の煙には様々な有害物質が大量に含まれています。

それに活性酸素が大量に発生するのと、ビタミンCなどを消費する為にビタミン不足になります。

「ストレス」

ストレスホルモン(副腎皮質ホルモン、コルチゾール)を分泌し続けていると、副腎などの内分泌腺が萎縮してホルモン分泌量が減り、ストレスに対する体の抵抗力が落ちてしまい、様々な障害が現れる。

過度なストレス活性酸素を発生させ、気力、意欲の低下にもつながりやすく、健康な生活の大敵である。

運動や入浴やリラクゼーションでストレスを和らげる必要があります。

「紫外線防止」

紫外線を浴びすぎると皮膚の内側の真皮を壊し深いシワの原因になり、メラニン色素が沈着してシミになります。

しかし、適度に日光を浴びることは、骨粗鬆症の予防や、アトピー性皮膚炎の悪化防止や、抑うつの予防などに効果があるます。




同ジャンル・関連ページ