40代からはじめるアンチエイジング

恋せよ乙女

憂つになったり、何もやる気が起きないなど、身体の状態が良くないときは、老けこんで行きやすくなります。

これは、脳の関係と深く関わりがあります。

好きな人の顔を思い浮かべるだけで、脳内には数種類の快楽物質が放出されます。

その結果、毛細血管を広げてくれるので、血行がよくなり、肌ツヤがとってもよくなります。

つまり、恋は女性を美しく磨かせてくれることが出来る訳なのです。

そして、自然とおしゃれに気を遣うようになったり、立ち居振る舞いを美しくしようと心がけたり、前向きに目標を持ってイキイキと生活するようになるものです。

これこそが、究極のアンチエイジングです。

人間が誰かにときめいてドキドキしている時には、PEA(フェニール・エチル・アミン)というホルモンが脳内に分泌されていると言われています。PEAには集中力や快感を増幅させる作用があり、恋するときに出ることが「恋愛ホルモン」と呼ばれるゆえんです。その他にも恋愛状態にある女性の脳内には、女性ホルモンの一種で肌を美しくする効果がある「エストロゲン」や、「快楽ホルモン」と呼ばれ、快感を誘い意欲を発揮させる「ドーパミン」などが分泌されており、これらホルモンの微妙なバランスが、人を内面からも美しくするのです。

ときめきのある恋をする事で恋愛ホルモンが分泌され、肌のキメを整える効果があり、また、PEAには食欲を抑える働きもあるので、大量の食品を摂取しなくなります。

男性でも女性でも恋をすることがアンチエイジングの役割をはたします。

そう、何歳になっても異性にときめくことで、あなたの脳内にPEAやその他ホルモンが常に分泌する状態にしておくことが大切です。

つまり、ストレスが掛かっていない状態は老化を防止できると言うことです。




同ジャンル・関連ページ