40代からはじめるアンチエイジング
40代からはじめるアンチエイジング > 若く見られたい > 体力増進でアンチエイジング

体力増進でアンチエイジング

若々しさは、実年齢からは想像できないような、張りのあるみずみずしいお肌をしていても、歩くときに背中を丸めて歩いていたり、階段を休み休み昇っているようなら、とても若々しいとは言えません。

やはり胸をピンと張り、少し大股でシャキシャキ歩いていたり、階段を早足で昇り降りするような様子は、とても若々しい印象を与えます。

活動的な生活を年を重ね維持していくためには、まずは筋肉の衰えを防ぐことが重要です。

筋肉の量は20歳前後をピークに、年齢とともに徐々に減少していくことが分かっています。

年齢とともに筋肉量が減少するといっても、筋肉の部位によって減り方が異なります。

特に目立って減る筋肉は、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)です。

この大腿四頭筋は、ヒトの身体のなかでも大きな筋肉で、日常生活では、立ったり座ったり、階段の昇り降りなどの際に主に使われる筋肉です。

つまずいた際に、身体のバランスが崩れるのを防ぐように働く筋肉なので、つまずいて転倒骨折といったアクシデントを予防するためには、この筋肉が衰えないように心がける必要があります。

また転倒骨折のリスクと関係が深い筋肉として、大腰筋があります。

ひざを上方に動かすのに直接働く筋肉で、日常の歩行や階段の昇りの際に役立っています。

この筋肉の衰えは、歩行時に地面から足があまり上がらないすり足歩行にもつながり、ちょっとした障害物につまずきやすくなるため、注意が必要です。

そこでアンチエイジングの観点から、これらの筋肉は特に鍛えておく必要があります。

運動はアンチエイジング対策のなかで、重要な位置を占めるものといってよいでしょう。

周りを見回してみて運動・スポーツを日常的に行っている人は、活動的で若々しい印象があることから、運動がアンチエイジング対策に有効だと言うことは認識されることでしょう。




同ジャンル・関連ページ