40代からはじめるアンチエイジング

食事から若返る

一言でアンチエイジングといってもいろいろな意味があります。

シワやタルミの予防や改善をさすアンチエイジングやより広い意味で体力や脳の衰えなどを含めたトータルな意味でのアンチエイジングなど様々です。

どのようなアンチエイジングにしろ共通していえるのは食事の重要性です。

人間の体は約60兆個もの細胞から作られています。

全ての細胞は、食事からとった栄養素で成り立っています。

つまり、健康で若々しい細胞で体内を満たすためには、原材料となる食事が一番大切なのです。

食べ物にはアンチエイジング効果がとても高い食材があり、そのような食材をうまく食事に組み込んでいくことで老化防止に役たちます。

老化の原因は、身体が錆びることです。

その原因は様々ですが、錆びると言うことは身体の中で酸化が起こっているのです。

そこで、その酸化を止める抗酸化物質にはいろいろとあります。

代表的なのはビタミン,ポリフェノール,カロチノイド,植物栄養素などです。

ビタミンA(βカロチン),C,Eは強力な抗酸化ビタミンです。

植物がもつ固有の抗酸化栄養素もアンチエイジング食材です。

トマトに含まれるリコピン,赤ワインブームで有名になったブドウの皮や種に含まれるアントシアニン,緑茶に含まれるカテキン,イチョウ葉のギンコライド,その他野菜や果物で色が付いている食材に含まれる各種カロチノイドも強力なアンチエイジング食材。

魚では鰯やサンマ,アジなどの青魚に多く含まれるDHAやEPAもアンチエイジングには欠かせない栄養素です。

食事からアンチエイジングを考える場合には、基本の食材は欠かせません。

アンチエイジング成分は野菜や果物に多く含まれています。

野菜や果物は意識していないと、期待できる量をとることができません。

野菜や果物も無農薬で栽培され、収穫後すぐに食べれる物ほど良いと言われます。

新鮮なうちに食べると言うことです。

しかし、忙しい現代社会で食事する時間も無い人には、サプリメントの併用をオススメします。




同ジャンル・関連ページ